おこだでませんように くすのき しげのり作 七夕の絵本

早いものでもう6月がそこまでやってきております。雨が多くなり湿度と戦う日々です。梅雨が終わればもう夏はそこですね

今日は紹介したい絵本七夕がテーマの絵本です。ちょっと心が温まる絵本なので見かけた時は是非手にとって読んでみてください。

どちらかと言うと大人向けだと思いますです。

ぼくはいつもおこられる。いえでもがっこうでも…。きのうもおこられたし、きょうもおこられている。きっとあしたもおこられるやろ…。

小学校にあがったばかりの男の子

でも怒られてばかりいる男の子…

本当に悪いことをしてるんでしょうか?

こどもに目を向けてあげられてますか?

そんな思いの詰まった絵本です。

絵本のレビューなどを見るとお涙頂戴的に作られてて嫌とか言われる方もいますが、絵本にはたくさんの思いが込められて作られています。

絵本には気付かされることがあります。たまには絵本でも読んでみてはいかがですか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。