悠人語録

子育てまっしぐらな私ですが、こどもに教えることもあればこどもに教わることもあります。

うちの悠人はときどきすごくいい事?いうことにときどき驚かされます。

そんなハッとするような日常の会話が息子の口から出て、正直私がハッとなります。

私の子育ての基本方針はモテた方が勝ちです。

なので息子にはいつも女の子には優しく男の子とは仲良くと教えています。

問題です

 

それはある休日のお出かけ前の出来事です。

男ってそんなに準備することがないからだいたい女性の準備を待つことが多いです。

私も準備を終えて、ママの準備が終わるまで二人の息子の相手に奮闘していました。

こどもの面倒見ながら待つって以外と長く感じるんです。

そんな時あなたのところに奥さんが来て言いました

「こっちとこっちどっちのスカートがいいと思う?」

ここであなたならどのように答えますか?

ざわざわ…

    ざわざわ…

  ざわざわ…

       ざわざわ…

 

私はこう答えました。

「どっちでもいいと思うよ」

改めて文字にするとなんて悲しい返事なんでしょう。

こんな言葉が返ってくるなら聞かないほうがマシですね(反省)

 

そしたら悠人がこんな風に言いました。

「ママ、どっちも可愛いけどこっちがいいよ」

わかって言ってるのかあまりにも模範解答過ぎてパパの立場はありませんでしたorz

日常にはあなたを活かすか殺すかの場面は色んな所に潜んでいますので、ちょっと気の利いた返事を心がけたいですね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。