ロマンシングサガ2

このタイトル聞いて胸が熱くなる30代は多いのではないだろうか。胸アツくゲームをしていたこども時代を思い出してみました。

その時代は当時はみんな友達の家に集まってゲームをしていました。スクエアエニックスも昔は合併ドラゴンクエストのエニックスとファイナルファンタジのスクエアが別会社でした。

合併ってなった時はちょっと胸アツでしたが、何にも変わりませんでした…

そしてサガシリーズはゲームボーイ(携帯ゲーム機)からシリーズが始まったというある意味珍しいゲームかもしれません。

サガシリーズのはじまりである魔界塔士サガシリーズ

海外版では Final Fantasy Legend と外伝のような名前で販売されてるぐらい力が入ってるゲームでもあります。

ファイナルファンタジーの正式な外伝はゲームボーイ版の聖剣伝説です。こちらは飛空艇とか出てきます!

その昔ファミコンでドラクエシリーズがはじまり、その翌年同じくファミコンでFFシリーズが始まりました。それから2年後ゲームボーイでサガシリーズが出るという老舗3大RPGだと思ってます。

魔界塔士サガも2が面白いと思っています。アポロンが崩れ始めた時のうれしさはやったことがある人ならわかるはず!

テイルズシリーズはその6年後発売です…

ロマンシングサガ2をすごく押してますがロマサガ1はやらなくてもいいと思っています。ついでにロマサガ3はロマサガ2やってハマったらやればいいと思います。でもスーファミしか出てないかもです。

と思ったらヴァーチャルコンソールなる物を今知りました。PSNで言うゲームアーカイブスみたいなやつですね。ロマサガシリーズ全部出てました!823円とはこれはひかれます。3DS持ってませんが(笑)

とにかく2が斬新すぎるんです。

ロマサガのテーマは継承です。

父レオンから子ジェラールへ引き継がれた皇帝という力は、時代の流れで消えることなく次の仲間へ継承されていきます。

斬新さその1 技のひらめき

キャラクターはステータスとともに武器の熟練度があります。熟練度が上がれば強くそして強い敵と対峙した時に高度な技をひらめきます。最後まで行っても最強の技を閃かないこともあります。

しかも皇帝が閃いた技は皇帝が死んでも継承で次の皇帝がその能力・技・術・武器の熟練度を引き継ぐので消えることはありません。

斬新さその2 年代がある。

この時代の流れが斬新さを生みます。普通のRPGは時間という概念があまりないですが、ロマサガ2は一つの大きなイベントが終わると戦った数に応じて(100回戦ったら)100年後・・・みたいに時代が進みます。

だからなんだ?と思いますが…時代が流れれば城が発展します。先代が皇帝が築いた武器をつくる技術・技を伝える技術がどんどんアヴァロンという国を仲間を強くしていきます。

そして戦った(エンカウントした)数だけ敵が強くなっていきます。あまりにも逃げてばかり居たらまだ最後じゃないのに敵に勝てなくなることもあります。

斬新さその3 バラエティーに富んだボス

そもそもロマサガ2の目的は七英雄(父と兄を殺したクジンシーも七英雄の一人)を倒すことです。

クジンシー・ノエル・ボクオーン・スービエ・ダンターク・ロックブーケ・ワグナス

命吸い取るやつがいたり、操ってくるやついたり、ぶつかってくるやついたり、ワグナスとかもうトラウマです。

 

結論

やったことないならやっとけ!!!

 

そんなロマサガが今度はスマホをPSヴィータで出るみたいって記事に胸を熱くしたおっさんでした。

この記事を書くことになったどっからか飛んで発見したページ

スクエニ公式サイトhttp://www.jp.square-enix.com/romasaga2/

ちなみにこの記事を投稿するとFacebookを通して私の奥さんの目にも触れてしまい、また好きなものをごり押ししてるわ…と思われるんでしょうけど投稿します(笑)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。