鹿児島県曽於市財部町~なんて読む?~

私は曽於市財部町(そおし たからべちょう)に住んでいます。

曽於市は鹿児島県の中でも小さな町で大隅半島(鹿児島の半島の右と左で右のほう)の一番北です。なんとなくどの辺かわかったでしょうか?

曽於市は2005年平成の大合併で財部町・末吉町・大隅町が合併して生まれた町です。ふるさと納税にも力を入れなんとか市の税収を潤うようにと頑張っているそんな田舎に私は住んでいます。

私も現在曽於市商工会の青年部と言う怪しい団体に入っています。財部町そして曽於市が楽しい町になるように微力ながら参加させて頂いています。

ただ夏祭りなどイベントが近くなると夜の集まりも多くなります。家族に出来るだけ負担をかけないようにこどものお風呂だけは終わらせて出かけるようにしています。

曽於市の魅力は何と言っても自然です。何もないから田舎だからと思うかもしれません。でも曽於市はそんなに不便な町ではないんです。逆に便利すぎてびっくりします。

財部町には中谷小学校という小さな小学校があります。この小学校は鹿児島の教員は誰でも赴任したい小学校だと思います。

なぜならこの小学校は離島の小学校と同じように僻地の小学校として手当が付くそうです。陸の孤島か?車を20分も走らせれば芋焼酎の霧島で有名な都城の街が…イメージでずっと僻地扱いなんでしょうね。

財部は僻地ではありません!

 

話は変わりますが

最近は都会から田舎に移住する方も多く、テレビなどでもよく取り上げられています。例えばドラマ「遅咲きのひまわり」生田斗真さんが高知県の四万十を舞台にしたドラマが記憶に新しいです。

私の高校時代の先輩が四万十で無手無冠と言う醸造所の番頭さんをされています。いつもFacebookで楽しいそうな姿を見ると四万十町を盛り上げてるんだろうなとやる気を頂きます。

【無手無冠 Facebookリンク】(すいません勝手に貼らせていただきました)

 

私が曽於市に帰ってきたのは3年前です。そして住んでわかった曽於市の魅力をこれから少しづつ皆さんに知っていただけたら幸いです。

ブログの新しいカテゴリーに【曽於市】が追加されましたので、曽於市の魅力を発見した時はこのカテゴリーで発信していきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。